住宅ローン完済

不動産登記(住宅ローン完済) 住宅ローンを完済された方へ

住宅ローンを完済すると、金融機関からいろいろと書類を渡されて、
「抹消登記をしておいてください」と言われます。

これでは一般の方には何のことかわからないのですが、
住宅ローンを組んだ時には、抵当権という担保が設定されていました。

しかし、ローンの完済によりその付属していた抵当権は効力を失います。
そのため、金融機関は住宅ローンの設定者=土地・建物の
所有者に抵当権を外すために必要な書類を渡します。

抵当権を外すことを「抵当権抹消」といいます。これが抹消登記です。
個人でも登記申請はできますが、そのために費やす時間や
普段見慣れない法律とにらめっこすることを考えると
ご依頼された方が安いと思います。

土地・建物二つの不動産についている抵当権の抹消という
典型的なパターンであれば実費・報酬込みで約2万円程度になります。

登記簿記載上の住所と現住所が異なる場合は、住所変更の登記
も必要な場合や、共同担保となっている不動産が多い場合は
別途費用が発生します。
住宅ローンの完済については、電話での見積も承りますので、詳しくはご相談ください。

こちらも放置すると相続同様、抵当権抹消が困難になり、
そのため非常に多額の出費が必要になります。

住宅ローンを完済された方はすぐに担保抹消することをお勧めします。

不動産登記についてよくある質問
担保抹消(住宅ローン完済)のお費用についてはこちら