おすすめの本

阪急電車のマイナー路線

こんにちは

おおきまちの司法書士です。


今回は続けて、おすすめの本の紹介です。

有川浩はものすごく有名ですが、最初に知ったのは

ライトノベルの「図書館戦争」でした。

これはアニメでやっていたのをたまたま見ていて、

意外と設定がしっかりしていると思い、作者について興味を

持った記憶があります。

もともと歴史小説が大好きで司馬遼太郎や吉川英治ばかり

読んでいましたが、ここ数年現代小説にも戻ってきました。



前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは

「阪急電車」です。

阪急電車は、京阪神を走る私鉄ですが、JR西日本の

東海道線の京阪神部分とほぼ並走しています。

阪急電車は、私の地元ではJRと同じくらい便利な電車です。


阪急について語り出すと止まらなくなるのでそれは

おいておきますが、この本は阪急今津線と言う

マイナー路線をもとにいくつかの主人公を基に

短い話が描かれて行き、いくつかの場面でリンクする

形になっています。


駅や電車内で起こる悲喜交々の様々なストーリーがあり、

阪急に乗ったことのある人なら、作者が良く取材して

いることに気づきます。

毎年ツバメがやってくる駅があり、その点についても

しっかり触れられています。


電車内にはいろんな人が乗っています。

この話では、普段乗っているだけでは関わることのない

人たちが交差するシーンがとても印象的です。


作者の作品はどれも、登場人物に血が通っている感情の

豊かさがあり、そこが魅力でもありますが、この作品でも

その点はしっかり出ています。


ページ数もそれほど多くなく、さくさく読めます。

文庫本でも出ていますので、興味のある方はぜひ

読んで見てください。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ぽちっとクリックいただけると励みになります。