司法書士ができること

年の瀬が近づくと債務整理の相談が

こんにちは

おおきまちの司法書士です。


毎年、年の瀬が近づいてくると、飛び込みで債務整理の依頼が増えます。

相談者の中に、年内にスッキリしておきたいと言う心理が働くのでしょうね。

債務整理については、事案にもよりますが、1件1件が

すべて完了するまでに長期間かかります。


破産で管財事件になるものは、裁判所に出すまでにも時間

がかかりますが出してからも時間がかかります。

自己破産は他の任意整理や過払い金請求と比べても、

依頼者自身で揃えてもらう必要のある書類が非常に多いため、

本人のモチベーションが低ければいつまで経っても裁判所

に出せる状態になりません。


市役所等で取得する書類については、3ヶ月の有効期限がありますので

他の書類が不足していて、それを持ってきさえすれば裁判所に出せるのに、

3ヶ月の有効期限を過ぎてしまうケースも残念ながらたまにあります。


自己破産が相談の時点から濃厚な場合には、初回の相談は

1時間半を過ぎて2時間くらいになる時もあります。

ご説明する事項が多いのもそうですが、相談者自身が必要

な書類を集めて家計表を記載し、職歴や当時の借入の状況

等をしっかりと思いだしてもらうことになるので、依頼したから

あとは司法書士がやってくれる、という性質のものではないので、

他の業務よりも依頼者は大変かもしれません。


ただ、これをやりきるくらいの気概がないとその後の

生活再建は難しいのも事実です。

生活の再建とは、借金がなくなったからそれで達成と言う

性質のものではありません。

むしろ、その後本人がどれだけ真摯に考えて行動して行く

かと言う点の方がはるかに大切です。

私の所では、債務整理に関してはその点を重視しています。