ブログ

打ち切りが早すぎる

こんにちは

おおきまちの司法書士です。


今回は完全に趣味の雑談ですので、軽く読み飛ばしてください。

趣味の中に読書がありますが、そこには活字だけでなくマンガも含まれます。

昔は、某大型中古本屋で半日読み続けるなんてことも良くやっていました。


さて、週刊少年マガジンはスポーツ漫画が異様に多いのが特色ですが、

ここで連載しているラグビーマンガ「HELLO!!」がわずか

14話で打ち切りです。

ラグビーなんで、サッカーや野球のようにそもそも裾野が広くないので、

初めから不利は否めませんが、割と頑張っていた方だと思っていたのに

このあり様です。


最近、マガジンでは3巻打ち切り(今回は3巻出るのか不明)が

異常に多くて、切るのが早いです。

3巻どころか、2巻ですね…


アンケートの結果を反映させた結果そうなるんでしょうが、

見切りが早すぎる気がします。

たしかに、紙面は限られているため新連載で人気が急速に落ちたものは

即打ち切りと言うのが週刊誌のセオリーです。

ただ、下手鉄砲数打ちゃ当たる方式でどんどん新連載出して

どんどん打ち切り出しつつと言うのは、雑誌自体の劣化を

招く様な気がします。


いつ打ち切りになるかわからないマンガを、真剣に読んで

みようと思うでしょうか?

せっかく読み始めたマンガが途端に打ち切りになり、それが

頻繁に続くと、新連載は基本的に読んでも読まなくても、

と言う心理状態になるような気がします。


最近では、バスケマンガのラストマンやCHARON(カロン)が

打ち切りになりましたね。

編集長が変わって、切る速度が異常に早くなっています。

こんなに早く切るなら、連載のGO自体をもっと慎重にした方が

良いと考えるのは私だけでしょうか。


マニアックな話で、失礼しました。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ぽちっとクリックいただけると励みになります。