司法書士ができること

役員変更登記について

こんにちは

おおきまちの司法書士です。

暖かくなったと思ったらまた寒くなりました。

寒暖の差が激しいと、寒さが余計に応えます。


今回は一般の方には難しい内容になっているかも知れませんので

飛ばしていただいても結構です。


事務所が福岡南部の田舎にあるため、都心と比べて会社の数も

少ないため、商業登記の件数は少ないですがそれでも年間で

カウントすると意外と来ているものです。


先日、社長が交代するので登記してほしいと依頼がありました。

取締役の任期満了と同時に就任するいわゆる重任登記は

多いのですが、代表取締役の交代と言うのは普通にありそうで

今までなかったケースでした。


役員変更登記は会社法施行後、論点が複雑になった気がします。

まず、取締役会を設置しているか否か、設置していなければ

代表取締役の選定方法は定款でどのように定めているのか、

それとも定めていないのか等々考えなければなりません。

つまり、場合分けが必要になります。

なぜそれが必要かと言うと、それによって準備する添付書面

が変わってくるためです。


商業登記の際の添付書面が何になるのかと言うのは、

非常に重要ですね。

これによって作成する書面が変わります。

会社の方で準備していただく書類も変わります。

役員変更登記は商業登記の中でも一般的な登記ですが、

それなりの難しさがある登記だと思います。

長くなりましたので、添付書面の紹介は次回にします。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ぽちっとクリックいただけると励みになります。