ブログ

もうすぐ消費税増税 

こんにちは

おおきまちの司法書士です。


昨日スーパーに買い物に行ったら、日用生活品を

大量に買い込んでいる人がいました。

バーゲンかなんかか?と思ったら、消費税アップに備えての

買いだめみたいでした。


1997年に消費税が3%から5%になった時も同じような

現象が起こりました。

その後は結局消費が冷え込みました。


外部要因も影響しているので国内だけの問題ではありませんが

前回はアジア通貨危機→ITバブル崩壊→リーマンショック

日本経済が立ち直ろうとする度に色んな要因で景気は

低迷を続けてきました。

こうしてみると、消費税アップのタイミング悪過ぎますね…

失われた10年と一時言われていましたが、それもいつしか

失われた20年と言われるようになりましたね。


今回の消費税アップですが、消費の冷え込みをカバーできるんでしょうか?

先日、春闘で大手企業のベースアップが報道されましたが、

あくまで大企業の中でも一部の企業が給料のベースアップに

踏み切ったにすぎません。

これから、と言う話もありますが、日本の会社の90%以上は

中小企業ですので、この効果が波及するにはまだまだ時間が

かかるか、その間に何らかの外部要因によって景気が冷え込む

可能性も十分あります。


ウクライナ情勢や、中国のシャドーバンキング、アメリカの

出口戦略、新興国の通貨不安等々、世界の不安定要素は山盛りです。


為替の関係で、電気代の燃料費が高くついて、貿易収支は

悪化し続けています。

給料が上がる分よりも、生活必需品の値上がり分の方が高いと

厳しいですよね。

給料据え置きなら、なおさらです。


円安効果も、大企業が工場や生産拠点を海外に移した結果

国内産業が空洞化し、その効果を享受しにくいようです。

当時は、超円高に対応するために仕方なかったのかも知れませんけど。

アベノミクスの効果が海外から懐疑的な目で見られ始めた

昨今ですが、あそこまでの政策をとって景気が良くならない

のであれば、景気刺激の問題とかでなくて構造的な問題でしょうね。


なんだか悲観的な事ばかり書き連ねてしまいましたが、

増税後が正念場ですね。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

ぽちっとクリックいただけると励みになります。