その他

IE(インターネットエクスプローラー)に不具合

こんにちは

おおきまちの司法書士です。


GW中なのであまり問題にされていないようですが、

先月の28日にアメリカ政府がマイクロソフト社のIE6~11の不具合

について注意喚起しています。

マイクロソフト社が注意喚起でなくて、政府が注意喚起してる

点が問題の重大さを物語っているのですが、日本ではなぜか

ニュースとしての注目度が低いですね。


この不具合は、ハッカーがIEの脆弱性に目を付けて攻撃中らしく、利用者が、

ハッカーが細工したウェブページやメールを開くと、

パソコンが乗っ取られて遠隔操作されたり強制終了になるなど

の被害にあう可能性があるそうです。


まだ修正プログラムのニュースは入って来てませんので、

時間がかかっているようです。

対処法としては、修正プログラムができるまではIEを使用

しないことに尽きます。


ブラウザでIEしか使ったことのない方にとっては、

「じゃあ、どうしたらパソコンが使えるんだ」と言うことになりそうですが、

ブラウザはIEだけではありません。


Macは独自のブラウザを持っており、また使ったことがない

ので割愛しますが、ウィンドウズ対応のブラウザとしては、

①グーグルクロームと②ファイアフォックスのどちらかが

良いのではと思います。


数年前からクロームとIEの2本立てでブラウザを利用して

いましたが、思わぬ形でクロームが役に立ちます。

ファイアフォックスもクロームもどちらもダウンロードの

方法は簡単です。


「ファイアフォックス ダウンロード」や「クローム ダウンロード」

検索すればトップに出てきますので、そこからダウンロード

すれば大丈夫です。


IEに慣れている方であれば、ファイアフォックスの方が

より操作方法は近い気がしますが、慣れればクロームの方が

便利かも知れません。


この修正プログラムについては、4月8日にサポートが終了した

WindowsXPについても対象とするようです。

サポート終了した途端の不具合ですが、これでIEから

他のブラウザへの乗り換えが加速する可能性が出てきました。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村