ブログ

世界経済は曲がり角か

こんにちは

おおきまちの司法書士です。

あっという間に9月上旬も終わりです。

最近、1カ月が終わるのが早すぎます。


今回は経済についての雑談です。

この頃、世界経済が変調を来しているようです。

アベノミクスの効果で円安・株高になっていましたが、

中国の上海市場から始まった世界同時株安は当然ながら

日本にも影響しています。


株価が乱高下するだけなら、株式投資をしていない大多数の

人には影響はないのですが、2008年のリーマンショックの

ような状況になるとそうは言ってられません。

当時も、アメリカのサブプライム問題が世界的な株安を

引き起こしましたが、株式だけでなく実体経済にも影響が

出ていました。


株価は景気の先行指標と言われていますが、なぜ株価が

暴落すると景気が冷え込むのかは当時は分からなかったのですが

工場での派遣切りなど、企業のリストラはすさまじい勢いで

進んで行きました。

株価暴落→消費の冷え込み→企業業績の悪化→リストラ→消費の悪化

この悪循環が不景気を作っていくようです。


今回の中国からの世界同時株安が、リーマンショックの

時のような事態になるのかは現時点では不明ですが、

都市圏を中心に少しずつ広がってきた景気のよい循環(地方には

あまり恩恵は来ていないようですが)がここで腰折れしない

ように期待したいです。


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村