おすすめの本

弱くても勝てます

こんにちは

おおきまちの司法書士です。

最近、ずっと本についての紹介ができていませんでした。

色んな分野の本を少しずつ読んではいるのですが、この頃

ペースが落ちています。


プロ野球は、阪神とソフトバンクの対戦が決まりました。

大阪の出身者としては、阪神に頑張ってもらいたい気持ちが強いですが、

ソフトバンクにも頑張ってもらいたいです。

どちらが優勝しても喜べます。


日本シリーズにちなんで、ではないですが今回ご紹介するのは

高校野球に関する本です。

観てませんが、ドラマ化もされました。



東京に開成高校と言う超進学高がありますが、そこの野球部が舞台となっています。

野球と言えば、守り勝つという言葉があるように、守備の練習に重きが

置かれているようです。


ただ、守備練習は地道な積み重ねが必要ですし、相当程度時間を投下しないと

効果として現れて来ないようです。

開成高校の野球部は、都心にあってグランドも狭いため、毎日練習はできず、

定期テスト前にも練習はできません。

限られた時間の中で、効率よく練習して強豪校がひしめく東京で勝つために、

監督が考えた戦略は「守り勝つ」の逆を行く「打ち勝つ」でした。


守備練習の時間を必要最小限にして、打撃練習に多くの時間を割くことにより

試合時には1回で5点以上取ったりして打線を爆発させると方法です。

野球部に所属していたわけではないので、詳しくはわからないですが、

かなり型破りな発想みたいです。


この本は、作者が部員や監督に取材して、開成野球部の試みが成功するのか

どうかを見守るという、ノンフィクションです。

ページ数も少なく、サクッと読めますし、超進学高の開成高校の生徒が

普段考えていることを垣間見える点も新鮮です。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村