ブログ

なにができるか

こんにちは

おおきまちの司法書士です。


この度の、熊本と大分の地震で被災された方に

心よりお見舞い申し上げます。


私の事務所と自宅も、福岡の南部にあるため、

震度5弱くらいの揺れでした。

16日未明の大地震から、大体1時間ごとの

ペースで緊急地震速報が鳴り続けました。

震度5弱と度重なる緊急地震速報であの恐怖です。

震源地付近の方の不安と恐怖は、筆舌に尽くしがたいと

容易に推測できます。


熊本・大分ともに、一般的な感覚からすると距離は

離れていますが、隣りの県ですし九州の感覚からしたら

距離的にも近いと感じます。

距離としては全然違いますが、大阪に住んでいた頃の、

京都と神戸に近いような感覚になります。


幸いにして事務所も自宅も被害はなかったのですが、

町内では福岡県で一番多く瓦が落ちたり、食器棚が倒れたりと

被害があったようです。

親戚も熊本にいますし、「自分だけ無事でよかった

さぁ日常生活に戻ろう。」とは、気持的にもなりません。

やはり、なにかできることはないかと考えています。


東日本大震災の時と同様に、今後被災地で司法書士会や

司法書士の青年会の相談会が開催されるはずです。

たまたま自分の仕事が司法書士ですので、できる

分野での貢献ができればと考えています。

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村